×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

漢字検定に合格するには!過去問題集やDSで漢字検定に挑戦

漢字検定の過去問題集

スポンサード リンク

漢字検定の難解については、改めてここで言うほどでもありませんね。過去問題集をみてもその難易度はすぐにわかります。ただ、難しい難しいといっても、冷静に過去問題集を解いてみれば一目瞭然ですが、漢字検定の過去の出題傾向は似ているということがわかります。特に、四文字熟語の出題は過去のデータをみてもと出して多く、この傾向をつかまえれば、漢字検定の合格もそうむずかしいことではないように思います。最近では、ニンテンドーDSで漢字検定の問題を解いている人も多く、携帯して持ち運びの出来るDSでの試験勉強はまさに合理的。漢字に慣れていくことが一番大事だからです。漢字検定の勉強はまとまった時間の中でやることよりも、頻繁に目にして覚えていくほうが結果的に効率がいいのではないかと思います。

漢字検定に過去問をどう使う?

漢字検定だけに限らず、試験勉強の一番の秘訣は、過去問にあると思います。何年分もの過去問を完全におぼえること。これだけで試験に強くなります。ここで大事なのは、過去問を解くのではなく、過去問を覚えるということです。問題と答えの丸暗記です。効果が上がるかどうか不安な方!ぜひ一度お試しください。成果が実感できると思います。社会人が必要とするのは、少なくとも漢字検定の2級以上だと思いますが、2級でも漢字数は2200文字ですし、その上の準1級になると3000文字、1級はさらに倍の6000文字です。漢字検定はほぼ筆記形式なので(一部ではマークシート式の採用もあるとのこと)、しっかりと覚えることが大事です。出題割合の高い四字熟語は完璧にしておくことも忘れずに。

漢字検定の合格率

漢字検定には、合格ラインとか一定の定員はありません。得点の

正解回答率で合格が決まりますが、200点満点中の80%、つまり160点以上の得点があれば合格です。漢字検定は筆記試験ですので(一部はマークシート式を採用しているとのこと)、読んで覚えるだけでは対応しきれません。ニンテンドーDSで漢字検定の勉強をしている人も多いようですが、これは携帯できるだけでなく、実際に筆記も出来るので大変便利ですね。レベルアップも出来ますので、しっかり漢字量を取り込むことも出来ます。過去問題集をできるだけ暗記することと、四字熟語を徹底して覚えれば8割の合格ラインは越せると思います。1級漢字検定になると、相当のレベルが要求されるため、さらに学習量が増えます。